フルニル通販を使ってみた

  1. フルニル通販を使ってみた   >  
  2. 依存性が低い治療薬

依存性が低い治療薬

虹がかかった空

うつ病などの精神疾患の治療薬というのは、依存性が高いイメージを持っている人が多いのもあってギリギリまで薬の服用を避ける人もいます。

確かにすぐ治療薬に頼ってしまうことも良くありませんが、無理に耐えることは症状を悪化させてしまい治療を長引かせる可能性を高めてしまうだけです。

そのため、周囲の人も本人も疑問に思うことがあれば診察を受けて、治療を早く始めることも必要といえます。

また治療薬は、少しでも依存性や副作用の症状を軽くするために日々改良されているのです。その成果もあって、依存性が低いうつ治療薬も登場しています。

プロザックのジェネリックである、フルニルもその1つです。現在は日本で認可されていないSSRIに分類される抗うつ剤ですが、海外で発売以来世界中の人が愛用しているとされる人気の治療薬なのです。

そして、フルニルを服用したうつ病患者の約70%近くに対して効果があったという報告もされています。

女性に多いとされる摂食障害や強迫観念、あがり症にも効果が期待できるので、仕事や日常生活に影響が出る前やそれ以上の悪化を阻止するためにもフルニルはオススメの抗うつ剤です。

うつ病が改善された後でも、薬を飲まなければ不安になったり体調や精神状態に影響が出てしまうことを薬の依存症といいます。

脳内に直接作用することが多い、抗うつ剤は特に依存性について注目されていました。しかし、フルニルは健康な人でも飲んだらより明るい性格になるといわれるほど、海外では日常的に利用されていて依存性も低い抗うつ剤として知られています。

ただし治療薬である以上は、自分勝手な用法・用量で服用すると副作用や依存性を高めてしまう危険性もあるのです。
フルニルを安全に利用するためにも、正しい飲み方をしましょう。