フルニル通販を使ってみた

  1. フルニル通販を使ってみた   >  
  2. ジェネリックの良さ

ジェネリックの良さ

森の中の小さなハーブ

抗うつ剤である、フルニルはプロザックのジェネリック医薬品です。ジェネリックは、先発薬の特許が切れた後に、ほぼ同じ成分・製法で作られることから開発費用はほとんどかかりません。

そのため薬自体の費用が安く済むという、メリットがあります。また同じようなものを作るほど、効果が認められていることにもなるので安全性が高いことも分かります。

プロザック、フルニルともに有効成分に用いられているフルオキセチンは、うつ病の人だけでなく健康な人が飲んでも明るくなるという、良い作用をしてくれるのです。

うつ病に対する効果もほぼ同等であることから、摂食障害やあがり症・強迫性障害・不安障害に効果があると言われています。

フルニルを服用したうつ病患者のうち、約70%の人には改善がみられたという報告もあるほどです。
それだけの効果がありながら、依存性は低い抗うつ剤であることから人気があります。

先発薬は効果が高くて、副作用も強くあらわれてしまう治療薬も数多く存在します。しかしジェネリック医薬品は、先発薬の良いところを残しつつ、副作用や飲みにくさなどを改良されることがほとんどです。

高い効果と安全性、そして費用の安さを兼ね備えた治療薬の利用者には嬉しい存在となるのがジェネリック医薬品なのです。

先発薬はその症状の治療薬の先駆けとなることもありますが、ジェネリック医薬品の方が安全性は高いこともあります。

日本国内では処方箋が必要なうつ病に対する治療薬が、通販で簡単に購入出来るという点でも、フルニルは安全性・効果が高くて継続しやすい抗うつ剤であることが分かるのです。

プロザックのジェネリック医薬品であるフルニルは、抗うつ剤を必要としている人にとって使いやすい治療薬だといえます。